本文へスキップ

人と未来つながる博物館

電話でのお問い合わせはTEL:0438-63-0811
〒299-0255 千葉県袖ケ浦市下新田1133番地



袖ケ浦市郷土博物館は、袖ケ浦市のほぼ中央にある袖ケ浦公園のなかにあって、恵まれた自然環境を活かし、本館だけでなく屋外にもいくつもの施設があります。
 1982年の開館以来、ふるさと袖ケ浦の調査を行いながら、強く地域と結びつきをもった活動をしてきました。そして地域の資料や、情報を遠い未来へと伝えようとしています。そではくの主役は、ご利用いただく市民の皆様です。学びの場・活動の場として、そではくを活用し、一緒に育てていただきたいと願っています。

news新着情報
★9月26日(水)〜10月28日(日)
 アクアラインなるほど館ロビー展「昭和・平成を築いてきたエチレンプラントー住友化学の産業技術ー」
 を開催
★9月22日(土)18:30〜 市民学芸員主催「十五夜コンサート」を開催!
★8月4日(土)〜10月14日(日)
 企画展T「地図を持って出かけよう!ー石井更幸コレクションに見る内房の交通と観光ー」を開催

9月26日(水)〜10月28日(日)
アクアラインなるほど館ロビー展「昭和・平成を築いてきたエチレンプラントー住友化学の産業技術ー」

 日常生活に欠かせないレジ袋やラップなどはエチレンという石油化学製品からつくられています。住友化学株式会社千葉工場には、そのエチレンを製造した巨大なプラントがあり、創業から約50年間稼働していましたが、設備の老朽化とエネルギーの効率化により平成27年にその役目を終えました。
 今回のロビー展では、住友化学から市に寄贈していただいた、解体したプラントの一部を展示しています。
 興味のある方は、ぜひお越しください!
9月22日(土)18:30〜19:30
「十五夜コンサート」を開催します


昨年度も大好評だった十五夜コンサートを今年も開催します。今年は、ギターの弾き語りとオカリナ演奏をお届けします。月と竹灯籠が醸し出す幻想的な雰囲気の中で、一緒に音楽を楽しみましょう。
 
○入場無料
出演:石橋健彦氏・オカリナサークル「カナリアンズ」
会場:袖ケ浦市郷土博物館正面玄関前広場
主催:郷土博物館 市民学芸員
昨年の様子
9月1日(土)
市指定文化財 旧進藤家住宅が開館しました

茅葺屋根等の改修工事が終了し、市指定文化材である旧進藤家住宅が、約1年ぶりに開館しました。
同日、リニューアルオープンを記念して、餅投げ等のイベントが行われました。多くの方々が来場し旧進藤家住宅の新たな開館をお祝いしてくださいました。
新しい茅葺屋根となった旧進藤家住宅の姿を是非ごらんください。

※過去の改修工事の様子をご覧になりたい方はこちらをクリックしてご覧ください。

kayabukiyanekaishuukouji.html へのリンク

8月19日(日)
「石井更幸さんとHOゲージを走らせよう!」を開催しました!


HOゲージ(1/80スケールの鉄道模型)の走行会を行いました。昭和40年代に内房線を走っていた「急行うち房」4両編成が、企画展会場内に設置されたレール上を颯爽と駆け抜けていきました。間近に走る鉄道模型の様子に、子どもから大人までみなさん目を輝かせて大興奮の様子でした。 
◆HOゲージの走行会はこれからも行います。その他に移動講座など関連イベントも盛りだくさんです。詳しくは、イベント案内をご覧ください。
8月18日(土)
「紙で作っちゃう毒生物!」を開催しました。

毒をもつ生きものであるアカハライモリのペーパークラフトをつくりました。今回はちょっぴり難易度が高めのクラフトでしたが、参加者のみなさんはスタッフやご家族の方々などと協力して楽しく、熱心に作っていました。できあがったクラフトはとてもリアルで、「かっこいい」、「かわいい」など大好評でした。また、生体展示されているイモリと、赤い腹の様子や指の本数を見比べたりと、イモリ三昧な一日でした。
★ペーパークラフトの型は三井物産株式会社「森のきょうしつ」様よりご提供していただきました。

8月4日(土)〜10月14日(日)
企画展T「「地図を持って出かけよう!ー石井更幸コレクションに見る内房の交通と観光ー」

市民コレクター・石井更幸さんの交通・観光関係のコレクション展です。明治から昭和の鉄道時刻表や旅行案内・観光地図などが大集合。鉄道ファンも地図好きも満足すること間違いなしです!

移動講座やHOゲージの走行会など、関連イベントも盛りだくさんです。詳しくは、イベント案内をご覧ください。

終了しました。多くのご来館ありがとうございました。
8月4日(土)〜9月9日(日)

アクアラインなるほど館ロビー展「どくどく毒生物展」


身の回りにいる毒生物たち。この夏は危険な香りのする彼らの生態をのぞいてみませんか。5種類ものスズメバチの標本や、アカハライモリの成体展示も行います。

関連イベントとして、「紙で作っちゃう毒生物!」を開催します。アカハライモリの可愛いペーパークラフトを作って、本物と見比べてみましょう!
日時 8月18日(土)10:00〜15:00
場所 アクアラインなるほど館ロビー
参加無料・事前申込不要

★ペーパークラフトの型は三井物産株式会社「森のきょうしつ」様よりご提供していただきました。
7月7日(土)13:30〜15:00
第147回袖ケ浦学「袖ケ浦の漁業ー海とのつながりー」を開催しました。
講師のお話から漁業の盛んだった昔懐かしい袖ケ浦の姿を見ることができ参加者の方々にも好評いただきました。
6月17日(日)18:30〜20:30
フィールド・アドベンチャーを開催しました!
多くのゲンジボタルやヘイケボタルが空を飛び交い、光る姿が見られ、参加者の方々からも歓声が上がっていました。

6月2日(土)3日(日)10:00〜15:00
毎年恒例、ミュージアム・フェスティバルを開催しました!
今年は、ミュージアムコンサートやジャグリング、ワンマンバンドなど開催し、大いに盛り上がりました!
また、毎回実施している企画(ミニ袖凧づくり、たたき染め、火おこしなど)に加え、今回は縄文時代の貝輪づくりを新たに行い、好評でした。

5月5日(祝)10:00〜15:00
子どもの日イベント「市民学芸員と遊ぼう」を開催しました。
今年も様々な昔遊びを実施して、多くの方々が来館され大いに盛り上がりました♪
3月10日(土)13:30〜
特別展「山野貝塚のヒミツを探る」展示解説会を開催しました。
2回目となる展示解説会、学芸員の詳しい解説付きだと、より理解しやすく、新しい発見も多い!ということで、今回も参加者が多くとても好評でした。

四コマ漫画「ガウラ with そでがうら」

ガウラと一緒に「そでがうら」のあれこれに触れながら学べるページができました。
ガウラとゆるゆると楽しみながら袖ケ浦についてもっと知っていきましょう!
こちらをクリック 

     

このページの右下に上のイラストと同じボタンがあります。そちらからも見ることができますよ♪

★「袖ケ浦市郷土博物館の使命」を掲載しています。    ※詳しくはこちらをご覧ください。     


山野貝塚航空写真(昭和54年国土地理院撮影)
現在はほぼ私有地となっており、大部分が畑として耕作されていますので、中には立ち入ることはできませんが、貝塚の貝などは、道路からも確認することができます。
袖ケ浦公園から徒歩20分程度なので、お散歩しながらぜひ一度縄文の景色に会いに行ってみてください。
祝!市内飯富
山野貝塚が国史跡となりました
山野(さんや)貝塚は、縄文時代後期から晩期(約4000年〜2300年前)に作られた大型の馬てい型(U字型)貝塚で、現在まで大きな改変を受けず、当時の景色を今に伝える貴重な遺跡です。
(写真の白く見える部分が貝塚です)

袖ケ浦市史研究第18号を刊行
内容(執筆者)
・栃木県鹿沼市賀蘇山神社について(横瀬勝宣)
・水神下遺跡1号塚の鎮壇とその信仰(松本勝)
・考古学から見た袖ケ浦の板碑(倉田恵津子)
・神田遺跡出土人骨について(谷畑美帆)
・「農具絵図」の画工 赤渓とは誰だったのか(燒リ澄子)
・袖ケ浦市内で採集された埴輪資料について(萩原恭一)
・地域学講座の楽しみ 根形村の郷土読本をとおして(井上勝)
・四爪錨について(二宮俊洋)
・袖ケ浦にもあった養蚕業(小暮國昭)
・「中村村青年会報」に見る青年たちの自己表現活動(大塩達)
・戦国大名里見氏雑感-領国支配の観点から-(嶋津敬)
販売価格 1,000円

市史研究創刊号からのご案内はこちらをクリックしてください

博学連携事業「小学生の体験学習」の様子を更新しました。
◆小学3年生の「昔のくらし」の体験学習はこちらをクリックしてください。             
◆小学6年生の「歴史」の体験学習はこちらをクリックしてください

その他のお知らせ
◇市民学芸員を募集しています。
  博物館を学びの場として自ら活動するボランティアを随時募集して います。 活動内容など詳しくは「市民学芸員」のページをご覧ください。 関心・興味のある方は博物館までご連絡ください。
 
あなたは 番目の訪問者です!

information

袖ケ浦市郷土博物館

〒299-0255
千葉県袖ケ浦市下新田1133番地
TEL:0438-63-0811
FAX:0438-63-3693
    ◆利用案内◆
開館時間 9:00〜17:00
入館料  無料
休館日  月曜日・祝日の翌日
     12月26日〜1月4日