本文へスキップ

人と未来つながる博物館

電話でのお問い合わせはTEL:0438-63-0811
〒299-0255 千葉県袖ケ浦市下新田1133番地


袖ケ浦市郷土博物館のホームページへようこそ!

袖ケ浦市郷土博物館は、袖ケ浦市のほぼ中央にある袖ケ浦公園のなかにあって、恵まれた自然環境を活かし、本館だけでなく屋外にもいくつもの施設があります。
 1982年の開館以来、ふるさと袖ケ浦の調査を行いながら、強く地域と結びつきをもった活動をしてきました。そして地域の資料や、情報を遠い未来へと伝えようとしています。そではくの主役は、ご利用いただく市民の皆様です。学びの場・活動の場として、そではくを活用し、一緒に育てていただきたいと願っています。

news新着情報

8月8日(火)もののけリターンズを開催しました。
多数の方からのご応募をいただき、抽選で選ばれた64名の方に、いつもの博物館とは違うヒンヤリ絶叫体験をしていただきました。
19:00〜と20:00〜の2部制で実施しました。

★袖ケ浦市史研究第19号の原稿を募集します
◆テーマ  袖ケ浦市と西上総地域の民話・伝承・民間信仰・神社仏閣・遺跡遺物・方言・地名・人物・自然 など。
◆原稿量  400字詰め原稿用紙5枚〜30枚
◆申込方法 原稿執筆を希望する方は、募集要項と執筆予定票を送付しますので、郷土博物館までご連絡ください。
◆申込期限 平成29年9月15日(金)まで
◆袖ケ浦市史研究第19号は平成30年度に刊行予定です。

★「袖ケ浦市郷土博物館の使命」を掲載しました。    ※詳しくはこちらをご覧ください

8月19日(土)に予定していた上総掘りの新たな「あしば」の組み立ては、9月上旬に延期します。日程が決定次第、またHPでお知らせいたします。

郷土博物館敷地内の水のふるさとにある「上総掘りのあしば」を7月8日に解体しました。

※天候によっては、中止となる場合がありますので、お問い合わせください。

★7月25日(火)・26日(水)・27日(木)の3日間に小学4〜6年生を対象に「夏のはくぶつかん」を開催しました。
 3日間でいろいろな体験講座を実施しました。みんな夏休みの思い出づくりができたかな?
7月25日(火)
9:00〜12:00
「秋の企画展に参加してみない?新種発見!?オリジナルキノコをつくって展示しよう!」
7月26日(水)
10:00〜12:00

「古文書ってなーに?
古文書入門講座 寺子屋」
7月26日(水)
13:00〜15:00
「昔のあそび道具をつくろう」
7月27日(木)
10:00〜12:00
「土偶をつくろう・土器をつくろう」
7月27日(木)
13:00〜15:00
「絵を描こう-はじめての植物画」
7月27日(木)
13:00〜15:00
「パズルを使って虫のカラダのつくりを観察しよう」

アクアライン開通20周年
アクライン・風の塔フォトチャレンジ
応募作品の中から優秀賞・特別賞が決まりました。

たくさんのご応募をいただきありがとうございました。

優秀賞・特別賞の発表はこちら


山野貝塚航空写真(昭和54年国土地理院撮影)
現在はほぼ私有地となっており、大部分が畑として耕作されていますので、中には立ち入ることはできませんが、貝塚の貝などは、道路からも確認することができます。
袖ケ浦公園から徒歩20分程度なので、お散歩しながらぜひ一度縄文の景色に会いに行ってみてください。
祝!市内飯富
山野貝塚が国史跡へ!
山野(さんや)貝塚は、縄文時代後期から晩期(約4000年〜2300年前)に作られた大型の馬てい型(U字型)貝塚で、現在まで大きな改変を受けず、当時の景色を今に伝える貴重な遺跡です。
今回の国の文化審議会の答申を受けて、郷土博物館では、6月20日(火)から、1階ロビーでトピックス展を、さらに、来年2月からは「特別展」を開催します!
(写真の白く見える部分が貝塚です)

袖ケ浦市史研究第18号を刊行しました。
内容(執筆者)
・栃木県鹿沼市賀蘇山神社について(横瀬勝宣)
・水神下遺跡1号塚の鎮壇とその信仰(松本勝)
・考古学から見た袖ケ浦の板碑(倉田恵津子)
・神田遺跡出土人骨について(谷畑美帆)
・「農具絵図」の画工 赤渓とは誰だったのか(燒リ澄子)
・袖ケ浦市内で採集された埴輪資料について(萩原恭一)
・地域学講座の楽しみ 根形村の郷土読本をとおして(井上勝)
・四爪錨について(二宮俊洋)
・袖ケ浦にもあった養蚕業(小暮國昭)
・「中村村青年会報」に見る青年たちの自己表現活動(大塩達)
・戦国大名里見氏雑感-領国支配の観点から-(嶋津敬)
販売価格 1,000円

市史研究創刊号からのご案内はこちらをクリックしてください

博学連携事業「小学生の体験学習」の様子を更新しました。
◆小学3年生の「昔のくらし」の体験学習はこちらをクリックしてください。             
◆小学6年生の「歴史」の体験学習はこちらをクリックしてください

市民学芸員の活動報告を更新しました。        


展示のご案内(開催中・申込受付中・近日開催のお知らせ)
平成29年度企画展T「石とのかかわり」
◆展示期間  平成29年7月15日(土)〜9月3日(日)
◆展示場所  郷土博物館2階特別展示室
◆休館日   7月17日を除く毎週月曜日
◆入館無料
人類は、地球に現れた時から身近にある石を利用して、刃物やいろいろな道具・装飾品をつくり、建築材料に用いたり、いろいろな造形を行っています。今回の展示では、原始・古代を中心に、現在に至るまでの石の利用のあれこれと人と石とのかかわりを見ていきたいと思います。

◆展示内容
序章  いし イシ 石
第1章 石の時代
第2章 石から鉄へ
第3章 鉄の時代
第4章 袖ケ浦の石像物
終章  石とのかかわり
◆展示解説会
 7月15日(土)・8月5日(土)・9月3日(日)
 いずれも13時〜14時

 申し込み不要です直接会場へお越しください。
祝!山野貝塚 国史跡指定記念
トピックス展
「ここがすごいぞ!山野貝塚」
◆展示期間 平成29年6月22日(木)〜12月24日(日)
◆展示場所 郷土博物館1階ロビー

◆展示内容
 山野貝塚概要、貝塚分布図、発掘調査風景、出土品(魚骨・搬入土器など)
アクアライン開通20周年
「アクアライン・風の塔フォトチャレンジ」
◆展示期間 平成29年7月22日(土)〜9月10日(日)
◆展示場所 アクアラインなるほど館

◆展示内容

アクアラインが開通から20周年を迎えることを記念して、みなさんから募集したアクアラインや風の塔の写真を20年前を振り返りながら展示します。
ご応募のありました作品については、期間中展示替えを行い、順次皆さんの作品を展示していく予定です。
今回応募の中から選ばれた優秀賞・特別賞はこちら


イベントのご案内
 現在参加者を募集中です!先着順のものはお早めにお申し込みください。
第142回袖ケ浦学
「石器のナゾ
-石器はどこからやってきた?-」
◆開催日 平成29年8月19日(土)
◆時間  13:30〜15:00
◆講師  柴田徹氏(東海大学非常勤講師)
◆定員  40名(申込み先着順)
◆参加費 100円
◆会場  郷土博物館研修室
◆申込方法 受付または電話で申し込んでください。


その他のお知らせ
◇市民学芸員を募集しています。
  博物館を学びの場として自ら活動するボランティアを随時募集して います。 活動内容など詳しくは「市民学芸員」のページをご覧ください。 関心・興味のある方は博物館までご連絡ください。
 
無料カウンター

information

袖ケ浦市郷土博物館

〒299-0255
千葉県袖ケ浦市下新田1133番地
TEL:0438-63-0811
FAX:0438-63-3693
    ◆利用案内◆
開館時間 9:00〜17:00
入館料  無料
休館日  月曜日・祝日の翌日
     12月26日〜1月4日