本文へスキップ

人と未来つながる博物館

電話でのお問い合わせはTEL.0438−63−0811
〒299-0255 千葉県袖ケ浦市下新田1133


袖ケ浦市郷土博物館のホームページへようこそ!

袖ケ浦市郷土博物館は、袖ケ浦市のほぼ中央にある袖ケ浦公園のなかにあって、恵まれた自然環境を活かし、本館だけでなく屋外にもいくつもの施設があります。
 1982年の開館以来、ふるさと袖ケ浦の調査を行いながら、強く地域と結びつきをもった活動をしてきました。そして地域の資料や、情報を遠い未来へと伝えようとしています。そではくの主役は、ご利用いただく市民の皆様です。学びの場・活動の場として、そではくを活用し、一緒に育てていただきたいと願ってます。

news新着情報

 
平成28年度博物館実習
今年度も8月18日〜28日の10日間学芸員の資格取得のために3名の大学生が実習を行いました。
資料の取り扱いや保存環境、博物館の現状と課題についてなど様々な講義を受講しました。
この実習の成果として、アクアラインなるほど館での展示を実習生が行いました。展示は8月30日(火)より公開しています。

8月7日(日)〜5日間 真夏の夜の特別な5日間「ヨルノハクブツカン」を開催しました。
5日間日替わりでイベントを実施し、いつもとは違う夜の博物館を体験していただきました。
8月7日(日)
フィールドアドベンチャー「夜の昆虫観察ーセミの羽化ー」


今年もたくさんのセミが羽化する瞬間をじっくり観察できました。
8月8日(月)
「そではくからの挑戦状 謎を解いて博物館から脱出せよ」


18時〜と19時〜の2部制で行い、それぞれ第1ステージ及び第2ステージの最終脱出を成功できたグループは10組中6組ずつでした。

8月9日(火)
「古代人オリンピック」火起こし・弓矢競技


無風の中でしたが、夏の夜特有の湿気の中、参加者のみなさん、汗を流しながら火起こし頑張りました。
8月10日(水)
「映画鑑賞会」

昭和30年代の生活などの映画を上映しました。
館のエントランスも期間中の数日間ちょうちんの飾りつけをしました。
8月11日(木)
「怪談 落語会」

暗い旧進藤家住宅で、山田屋きさっぺさんによるちょっぴりコワ〜イお話を楽しんでいただきました。
8月4日(木)10:00〜11:30
「寺子屋たいけん」を開催しました。
郷土博物館友の会「古文書いろはの会」との共催で、実際の古文書を利用して「地名・人名」などについて学び、畳に正座で当時の寺子屋の雰囲気を体験しました。

トウキョウサンショウオを「しいのもり里山会の里親事業」でお預かりしていましたが、全て幼体になりましたので、故郷へ里帰りをしました。

展示のご案内(開催中・申込受付中・近日開催のお知らせ)

  アクアラインなるほど館ロビー展

博物館実習生による成果展
「タイムスリップ むかしへGO!」
展示内容
・竪穴住居の解説・クイズ
・古い時代のくらし
・くらしの道具 など

実習生3名がそれぞれテーマを決めて取り組みました。
来館者が楽しめる企画もあります!


◆開催日 平成28年8月30日(火)〜10月16日(日)
◆休館日 月曜日(祝日除く)及び祝日の翌日
◆入館無料

 

イベントのご案内
十五夜コンサート〜古民家で楽しむ和と洋の調べ〜
 
●日時 9月10日(土)18:00〜20:00(雨天決行)
  旧進藤家住宅にてチェロと篳篥(ひちりき)の演奏を行います。
  また、市民学芸員自作の幻灯機を使った写し絵「かぐや姫」の上演も行います。
  きれいなお月さまを眺めながら優雅な音楽鑑賞を楽しんでみませんか?
 ●参加申し込み不要
 ●参加費不要

 

その他のお知らせ
◇市民学芸員を募集しています。
  博物館を学びの場として自ら活動するボランティアを随時募集して います。 活動内容は、校外学習の支援、イベントの協力、自主企画展の開催、広報活動等です。 関心・興味のある方は博物館までご連絡ください。
 
無料カウンター

information

袖ケ浦市郷土博物館

〒299-0255
千葉県袖ケ浦市下新田1133
TEL.0438−63−0811
FAX.0438−63−3693
    ◆利用案内◆
開館時間 9:00〜17:00
入館料  無料
休館日  月曜日・祝日の翌日
     12月26日〜1月4日